第43回 新しい憲法をつくる国民大会 平成24年5月3日 四谷区民ホール

  
大会プログラム
開会 午後1時 
司会 高津優介 (大会実行副委員長)
国歌斉唱 (1回)
開会の辞 「憲法改正なくして、日本国の再生なし!」
堀 渉 国民会議・理事長(岸信介元総理秘書30年)
会長挨拶 「憲法改正の必要箇所を指摘し、問題提起する!」
清 原 淳 平 国民会議・会長
記念講話 「当国民会議の第三次案を解説する!」
高乗正臣先生 (平成国際大学大学院教授、憲法学会理事長)
    (参加者には、第三次案の全文一冊贈呈します)
来賓講話
(順序は、
当日ご都合のつく時間順)
本年の主題は「憲法改正すべきと考える問題点を提起する!」
桜内文城先生 参議院議員、みんなの党・政務調査会副会長
中川雅治先生 参議院議員、憲法審査会幹事、自民党政調副会長
中津川博郷先生 衆議院議員・拉致問題特別委員長、民主党
下村博文先生 衆議院議員、自民党SC文部科学大臣
平沢勝栄先生 衆議院議員、自民党副幹事長
大会決議 町田 高(大会実行委員・国民会議理事)
閉会の辞 重田典子(大会実行委員長・国民会議理事・事務局長)
万歳三唱 小林 正(元参議院議員、当団体理事)

※肩書は、平成24年5月3日時点による。

大会風景


大会全景

 今年の国民大会は、憲法改正の機運が生じて来たのに合わせて、当「新しい憲法をつくる国民会議」の新憲法第3次案を発表した。当団体は、昭和58年から、毎回のように国民大会で改憲案を発表してきたが、今回はそれらを纏めた中でも第1、第2に次ぐ第3次案の発表である。
 この日は、天候が雨降りの大荒れで、テレビカメラは少なかったが、NHKとTBSが夜のニュースで放映した。また、第3次案発表のせいか、各種新聞は例年以上に取材にきてくれた。

堀渉理事長

堀渉国民会議理事長(岸信介総理秘書30年)
開会の辞「憲法改正なくして、日本国の再生なし!」

大震災後の昨年大会で指摘したように、復旧・復興が進まないのは、他国の憲法にはある国家非常事態宣言条項、緊急財政処分条項、指揮者は誰かの条項が、日本国憲法にないことも大きな原因だ。中国の尖閣海域侵犯、韓国の竹島実効支配、ロシア大統領の北方領土上陸など、外国から侮られるのも、日本国憲法第9条が原因だ。

清原会長

清原淳平会長 新憲法第三次案の特色を提起!
この国民大会では毎回のように、改正すべき個所を挙げている。日本と同じ敗戦国として占領軍に憲法改正をさせられたドイツは58回も改正している。日本は一度も改正していない。同様60回ぐらい改正してもおかしくない。今回の第三次案はその改正箇所を具体的に明示した。問題は第9条ばかりではない。
第三次案は、補則除き、前文の他、11章とした。それは、天皇、国民の権利及び責務、国会、内閣、裁判所、憲法裁判所、財政、地方自治、安全保障、改正、最高法規の各章である。そして、その各章ごとにどこを改正するのか、なぜ改正するのかの理由・特色を挙げて説明した。多岐にわたるが、大きな箇所としては、衆参を同時解消して一院制にする。憲法裁判所の新設。安全保障・危機管理規定の充実。改正要件緩和等。 動画

高乗正臣先生

高乗正臣先生 記念講話「第三次案を解説する」
(平成国際大学大学院教授・憲法学会理事長、当団体に御協力下さる憲法学者)
憲法学者の立場から主要点を解説。特に、(1)前文・第1章で、わが国の国柄を明記。(2)人権万能主義を是正して、人権保障と公益の調整をはかり、新しい人権規定を新設。(3)一院制の国会と憲法裁判所の新設。(4)自衛権と国防軍の保持を明記し、国民の国家緊急事態への対処規定の明記を評価された。 動画

桜内文城先生

桜内文城先生 講話
(参議院議員・みんなの党政調副会長)
憲法に政党規定を盛り込みたい。日本の政党では、誰がどのように選挙公約を決めるのか、公約を果たさなかった時の責任は誰が負うのか。国民の税金である政党交付金の使途も分からない。それらを明らかにしないかぎり、国民の政党への信頼は回復しないと考える。みんなの党も改憲の基本的考え方を公表している。

中川雅治先生

中川雅治先生 講話
(参議院議員・憲法審査会幹事・自民党政調副会長)
私は、昨年10月、衆参各院に設置された憲法審査会の幹事を務め、また、自民党憲法改正推進本部副会長も務めている。自民党は4月28日、日本国憲法の改正草案を公表した。そのいくつかを挙げると、前文を改め国柄を明らかにした。天皇を元首とし、国旗国歌の尊重。国防軍の保持。領土・領海・領空の保全・防衛を明記している。

中津川博郷先生

中津川博郷先生 講話
(衆議院議員・民主党。北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員長。外務委員)
現行憲法の前文は不適切だ。前文は、国の顔であり、日本の歴史や伝統、道徳、利他の精神など日本らしさを掲げるべきだ。また憲法第9条を守れば平和でいられるというのは見せ掛けの平和だ。軍隊を持つべきだ。憲法改正へ向け、保守が大同団結して、駒を進めて行くべき時である。

下村博文

下村博文先生 講話
(衆議院議員・文部科学委員会理事・自民党SC文部科学大臣、元内閣官房副長官)
現行憲法には改正箇所が沢山ある。例えば、昨年のこの大会で率先取り上げた、他国の憲法にあって日本国憲法にない、国家非常事態宣言・緊急財政処分・指揮者は誰か、の規定を新設するなどは、第96条の衆参各議員の3分の2以上という改憲条件をクリアすると思う。また、この改憲条件も2分の1に低減したい。

平沢勝栄先生

平沢勝栄先生 講話
(衆議院議員・自民党・副幹事長、元外務委員長)
自民党の憲法改正草案は、私もメンバーとして議論を重ねて出来たものだ。例えば、国防軍の保持と集団的自衛権を認めた。緊急事態対処規定も新設した。家族尊重の規定も入れた。憲法改正は最重要事だ。我々議員は、同じ考えの仲間が、党派を超えて一緒になり、憲法改正を一日も早く実現していく決意である。

町田高実行委員

町田高国民会議理事 大会決議(案)の朗読
(大会実行委員・新しい憲法をつくる国民会議理事)
東京都荒川区出身。昭和49年生。駒澤大学法学部政治学科を卒業。祖父は故町田勝二東京都議会議員。父は町田健彦元荒川区長。当国民大会での大会決議(案)の朗読は、以前から当団体の会員か友好団体関係者が務めてきている。町田高氏は、当団体の古くからの会員で理事。祖父の代から政治家一家。本人も政治家を志している。 大会決議本文

重田典子大会実行委員長

重田典子大会実行委員長 閉会の辞
(大会実行委員長・国民会議理事)
参会者、国会議員、学者、同志に、心から感謝を表明

小林正先生

小林正先生 万歳三唱
(元参議院議員、当団体理事)
被災者を何度も見舞われた両陛下の御聖徳に言及。小林正理事の音頭により、会場から、日本再生を誓って、万歳三唱が沸き起こった。

参加者

各講演に拍手する聴衆の皆さん
この日は、朝から大荒れの天気であったが、開会前に、日本の誇りとして宇宙探査機「はやぶさ」が7年がかりでイトカワを探査して戻ってきた記録を映写。また来賓講話された議員の改憲提起理由も納得できた、と参会者は満足されていた。

朝打合

午前10時、ロビーで大会実行委員による打合せ会。当国民大会には、こうして裏方を務めて下さる同志の方々によって成り立っている。

高津優介

高津優介大会実行副委員長 司会
昨年に続いて2度目の司会役で、まだ緊張気味だが、笑顔も見えた。


大会決議



大 会 決 議


一、当団体は、昨年大会で、東日本大震災の復旧・復興が遅いのは、諸外国憲法に国家緊急事態宣言・緊急財政処分・指揮者は誰か、の条文があるのに、日本国憲法には、その規定がない、として憲法改正を求め、世論づくりに貢献した。

一、また、中国艦船の尖閣諸島海域への出没、韓国の竹島への実効支配、北方領土へのロシア大統領上陸につき、日本国憲法第九条が、陸海空軍の不保持、武力行使の放棄、独立国固有の交戦権さえ否認、と掲げてあるのを、自国語に翻訳して知っているから、侮りを受けることを指摘して、国民の認識を深めた。

一、当団体は、昭和五十四年以降、国民有志・憲法学者・国会議員関係の参加を得て、「自主憲法研究会」を開催。沢山の改憲案を起案し、大会で発表してきた。これら改憲案を整理・編集し、新憲法第一次案全文を、平成十五年五月三日、国民大会で発表。次いで平成十八年にも、それを補正した新憲法第二次案を国民大会にて発表した。本年の発表は、その新憲法第三次案の全文である。

一、現行憲法は、占領下に作られただけに、前掲のごとき不備が多くあり、また、六十五年間、一度も改正されないため、数多くの不都合が生じていることを、この新憲法第三次案にて認識いただき、「憲法改正なくして、日本再生なし」との信念をもって、憲法の改正実現を目指し、活動することを誓う。

 右、決議する。

    平成24年5月3日

第43回 新しい憲法をつくる国民大会
(=自主憲法制定国民大会)

※原文は縦書きだが、ここは横書きとした。



ページのトップへ